春を探しに

体調はやっと元に戻ったようです。
年末に一斉にいろいろなものが壊れましたが、さいたまの風呂場の工事が始まります。その間定期的な診察なども入りますので信濃追分に行くのは3月15日になってしまいます。
それまで信州の早春を味わうことが出来ません。しばらくはさいたまの春を楽しみたいと思っています。

まだ北風は冷たいですが、陽だまりの春を探しに野を歩いて来ました。

f0282055_17423079.jpg
オオイヌノフグリの花で花粉を食べるナミハナアブ
まだ虫の姿はほとんどみられません。

耕作が始まっていない畑ではナズナとホトケノザが春を楽しんでいます。
f0282055_17423173.jpg


f0282055_17423085.jpg

2017-2-19 さいたま市



<
いつも訪問いただきありがとうございます。人気ブログランキングに参加しています。下のバナーのクリックでご協力お願いいたします。



長野県 ブログランキングへ
/div>
Commented by しず at 2017-02-20 21:14 x
オオイヌノフグリの写真、良いですね。
一頃気に入って展覧会まで足を運んだ、熊田千佳簿という画家の絵を思い出しました。
春ですね〜。
Commented by ヘンゼル at 2017-02-20 22:20 x
しずさん こんばんは
今、軽井沢ですか。寒いでしょう。でも軽井沢気象台のデータを見ると積雪5センチまで下がって来ましたね。
多分陽の当たる斜面は雪がなく、しずさんの家の裏にある湧水ではセリが食べ頃になっているでしょう。
庭ではスノードロップが雪の中から花を咲かせていると思います。
てなことを考えてウズウズしているのですが仕方ないですね。
Commented by ヘンゼル at 2017-02-20 22:31 x
熊田千佳慕を調べました。知ってるのが出てきました。私の年代では知らない人がいない「みつばちマーヤの冒険」!
土門拳や名取洋之助など日本写真界の開拓者たちと一緒に絵画の世界を歩いて来た人でした。マーヤの顔はまだ覚えています。
Commented by しず at 2017-02-24 18:32 x
字が違っていましたね。失礼しました。

日曜日の朝にまた、5センチほど積もりましたが、日中の日差しですぐに溶ける淡雪でした。
月曜日に帰る時には日の当たる場所は大分溶けていましたが、屋根からの落雪がある北側などはまだまだ山になっています。

沢のセリは日当たりが悪いせいか生育が遅く、今時分は大きなスタジオのある別荘脇が食べ頃でしょう。せり、取りに行きたいですね〜。
Commented by ヘンゼル at 2017-02-26 22:27 x
あの近くにクレソンが沢山あったのですが、ある年からセリに取って代わられました。自然界の仕業なのですがなぜか分かりません。
毎朝クレソン摘みが楽しみだったのですが・・
山菜も楽しみです。小舎の庭で春には天ぷらの材料が十分に収穫できますのでその頃ちょっとお寄り下さい。
by sinanohamahoroba | 2017-02-19 17:47 | さいたま市の風景 | Comments(5)

サラリーマンを卒業、その後自営業を営み、それも息子に譲って大好きな信州とさいたま市を行ったり来たりの生活です。そんな生活を写真で綴ります。


by sinanohamahoroba
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31