ミヤマウグイスカグラとハシリドコロ

軽井沢の森はコブシの白い花とアブラチャンの黄色い花、そしてミヤマウグイスカグラの小さなピンクの花が目立つようになりました。
一足早く咲いたダンコウバイは花が落ちて若芽が出てきています。

f0282055_21010748.jpg

ミヤマウグイスカグラは6月にグミのような真っ赤な実を付けます。
この実は甘くてそのままでもジャムにしても食べられます。

食べていけないのはハシリドコロ、沢筋に早春、フキノトウと間違えやすい芽を出します。
やがて、このような外は紫、内側は黄色の花を付けます。

f0282055_21115971.jpg

アルカロイド系の毒草で、食べると幻覚やおう吐を起こし走り回るのでハシリドコロという名前になったとか。

これから山菜の季節、結構身の回りにも毒草がありますので要注意です。

2017-4-18 撮す 信州・信濃追分



いつも訪問いただきありがとうございます。人気ブログランキングに参加しています。下のバナーのクリックでご協力お願いいたします。
長野県 ブログランキングへ
Commented by koechel581 at 2017-04-23 22:18
今日、お昼過ぎに写真展を拝見して来ました。駐車場の横にあのようなギャラリーがあるなんて知りませんでした。良い場所ですね!

ヘンゼルさんの3枚のお写真は……
テーマ性(銀河鉄道)、
ユーモア(信州音楽村の、タイトル忘れましたが、たしか「プー」だったような。それでいま気づいたのは、女性の口からだけじゃなく=笑)、
そして抒情性(浅間南麓の春)と3拍子揃っていましたね。どれも素晴らしいと思いました。
とくに、追分の新緑の萌黄色(とバックの幽かな浅間山)の写真は忘れがたいものでした。
Commented by ヘンゼル at 2017-04-24 22:53 x
写真展においでいただきまして有難うございます。
私は今日の午後が当番で会場におりました。
有名美術館のギャラリーということで素人集団の写真展にもかかわらず沢山の方に来ていただきました。
連休中も私の当番ですので時間が会えばお会いしたいと思います。
by sinanohamahoroba | 2017-04-23 08:30 | 信濃追分の自然 | Comments(2)

サラリーマンを卒業、その後自営業を営み、それも息子に譲って大好きな信州とさいたま市を行ったり来たりの生活です。そんな生活を写真で綴ります。


by sinanohamahoroba