2017年 05月 13日 ( 1 )

春の庭(2)

オニヒョウタンボクの花が咲きました。軽井沢には天然記念物のハナヒョウタンボクがあります。(軽井沢植物園で見ることが出来ます。)

オニヒョウタンボクも植生が非常に限られている希少性の植物ですが、庭には大きな木が数本あります。

ヒョウタンボクの仲間に共通の特徴の蕾の時から双子で、実になると完全にくっついて瓢箪形になります。有毒で鳥も食べにきません。

f0282055_21121686.jpg



シロヤマブキ

シロヤマブキは植えたものですが春に芽吹いた新枝の先にヤマブキに似た白い花が咲きます。しかしヤマブキの仲間ではありません。

黒い実は昨年の実がまだ落ちず残っています。


f0282055_21121901.jpg



チゴユリ

一番小さな百合でしょうか、しかし球根ではありません。地下茎を伸ばし増えますが、親株は1年で枯れる一寸特別な増え方をする山野草です。

3株のチゴユリが4年で50株以上に増えています。

f0282055_21122202.jpg



2017-5-13 信州・信濃追分


訪問いただきありがとうございます。人気ブログランキングに参加しています。下のバナーのクリックでご協力お願いいたします。



長野県 ブログランキングへ

by sinanohamahoroba | 2017-05-13 20:45 | Comments(0)

サラリーマンを卒業、その後自営業を営み、それも息子に譲って大好きな信州とさいたま市を行ったり来たりの生活です。そんな生活を写真で綴ります。


by sinanohamahoroba