2017年 06月 27日 ( 1 )

庭のバラ(2)

庭のバラたちが次々に咲いてきます。
昨年防寒対策をしなかったので、寒さに強いバラ、弱いバラの姿がはっきりと見えてきました。
寒さに強いのはやはりハマナスの血を引くルゴザ系、イングリッシュローズの一部、原種などです。
軽井沢のレイクガーデンも一部のバラがルゴザ系に植え替えられているようです。

チンチン 朱色の赤が好きな薔薇です。 一番最初に植えたバラですが年々小さくなって枯れる寸前まで来てしまいました。太陽の光が不十分なのも原因です。


f0282055_09345557.jpg

カクテル  さいたまに自宅のカクテルを挿し芽で育てました。しかしこれも昨年倒木の下敷きにあって新枝が一本だけ出てきました。これも寒さに強くないようです。

f0282055_09345359.jpg

アンジェラ 次々と花を咲かせる有名な花です。寒さにも日陰にも強いようです。

f0282055_09345540.jpg

安曇野 日本で作出されたノイバラの血を引いたつるバラです。日陰に置いたので花の密度が少ないです。自宅の安曇野の挿し芽を持ってきたものです。寒さに強いですね。

f0282055_09345643.jpg

ピンクサクリーナ  倒木の下敷きからたくましく次々にシュートを出して来ました。
寒さにも強く、これは生き返りそうです。

f0282055_09345490.jpg
ジュビレ・デュ・プランス・ドゥ・モナコ
寒さにじりじりと萎縮しているようです。本当はもっと大輪の素晴らしい花ですが、大分小振りになってきました。

f0282055_09345389.jpg

*25日にさいたまへ戻ってきました。25日朝は携帯電話の「地震です!地震です!」の警告に飛び起きましたが、軽井沢はまったく揺れを感じることはありませんでした。
王滝村は数年前にかつて長野県西部地震の土砂崩れで出来た自然のダム「自然湖」の写真を撮りに出かけましたが、軽井沢とは200キロ以上離れています。長野県の広さを改めて感じました。
2017-6-27 信州・信濃追分


いつも訪問いただきありがとうございます。人気ブログランキングに参加しています。下のバナーのクリックでご協力お願いいたします。
長野県 ブログランキングへ
by sinanohamahoroba | 2017-06-27 10:11 | 小舎のガーデンフラワー | Comments(0)

サラリーマンを卒業、その後自営業を営み、それも息子に譲って大好きな信州とさいたま市を行ったり来たりの生活です。そんな生活を写真で綴ります。


by sinanohamahoroba