<   2013年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

風のガーデンです。 ドラマ「風のガーデン」のために上野ファームの上野砂由紀さんがデザインした富良野プリンスホテル内にあるガーデンです。
私が軽井沢で花作りに一生懸命になるきっかけの一つがこのドラマでした。
ドラマに登場した建物も、小道具もあって、ドラマの世界に自分が入ったような気分にさせてくれます。
ガーデンはそんなに広くないですが、手入れが行き届いて花の世界を楽しめます。

f0282055_13565822.jpg


左端がドラマに良く登場したグリーンハウスです。

f0282055_140774.jpg


いろいろな風露草が満開でした。

ここで、トラブル発生、まだ、十分ではない足腰のために一番軽いミラーレスカメラを持って行ったのですが、「バッテリーがありません」のメッセージとともにカメラは邪魔者に。 事前に予想して予備のバッテリーを持って行ったのですがそれも使い切ってしまったのです。

従って、旅の写真はここでストップ、翌日の、大雪山旭岳温泉や出発前に慌ただしくケーブルで往復してきた姿見の池周辺の旭岳の姿や雪の中で咲き出したキバナシャクナゲやエゾノツガザクラは写真なしという残念なことになってしまいました。

2013-6-24  北海道・富良野市 風のガーデン
by sinanohamahoroba | 2013-06-28 14:14 | その他の旅 | Comments(0)
帯広の紫竹ガーデンです。紫竹昭葉さんが63歳の時に帯広の18000坪もの放牧地を手に入れ花作りを始めました。それから20年83歳の紫竹さんが元気に迎えてくれます。
花柄の派手な衣装のとても似合う素敵なおばあちゃんです。
私は、ここがとても好きになりました。
ツアーではとても回りきれません。 入場料も安く、ご近所の人がうらやましいですね。

f0282055_1438346.jpg

f0282055_14391366.jpg


アヤメが咲くビオトープの周りです。各エリアは自然な感じで木々によって隔てられています。

f0282055_1441632.jpg

北海道は今、シャクヤクの時期です。(バラにはちょっと早いようです)

f0282055_14421939.jpg


各季節の花が原野風に植えられて本当のナチュラルガーデンです。オリエンタルポピーとルピナスが咲き乱れています。

2013-6-24  北海道 帯広市紫竹ガーデン
by sinanohamahoroba | 2013-06-27 14:47 | その他の旅 | Comments(0)
北海道ガーデン巡りの旅に行ってきました。
まずは、十勝千年の森です。十勝連峰の麓の広大なガーデンです。「千年後には森に戻そう」というコンセプトのガーデンを楽しむにはまる一日が必要みたいです。
f0282055_21203191.jpg


十勝連峰をバックにしたアース・ガーデンは巧みな曲線の丘の芝生の庭です。

f0282055_21244484.jpg


メドウガーデンは春の宿根草が盛りです。冬はマイナス25度までになる十勝で元気で育つ宿根草は軽井沢での庭作りに大変参考になります。

f0282055_2131163.jpg


2013-6-23 北海道・清水町 十勝千年の森
by sinanohamahoroba | 2013-06-26 21:34 | その他の旅 | Comments(0)

母の日の花

昨年の母の日に息子夫婦から贈られたカラー
無事冬越しして 今年も咲きました

今年は 教え子からミニ胡蝶蘭をいただき、管理を任されたのですが
この冬越しはちょっと手強そうです。
f0282055_11282594.jpg

by sinanohamahoroba | 2013-06-14 11:30 | さいたま市の風景 | Comments(0)

やさしく

f0282055_20481329.jpg


蕾を大切に優しく包んでいます あと一週間で大きく開くでしょう 
木立性クレマチス ヘンダーソニー

2013-6-6 撮す 信州・信濃追分 
by sinanohamahoroba | 2013-06-13 09:00 | 小舎のガーデンフラワー | Comments(0)

ゴブレット

f0282055_914155.jpg


昨年、消えたと思ったアストランティア・マヨール 今年はしっかりと芽を吹き ゴブレットのような花を開き始めました。 

*しばらくの間、更新の間隔が開きます。さいたまの古い自宅の耐震補強工事が始まり、pcが使えないときが続きますので更新が中断することがあると思いますのでご了承ください。
23日~25日まで北海道ガーデン街道巡りのツアーに行ってきます。*

by sinanohamahoroba | 2013-06-12 09:12 | 小舎のガーデンフラワー | Comments(4)

f0282055_10242631.jpg


半月で枝だけの森からすっかり緑に覆われて、朝の陽は木漏れ日になりました。
クレマチス・モンタナは一年でジャックと豆の木のように伸びてアーチを一回りして、沢山の花が朝日に輝いています。

2013-6-5撮す  信州・信濃追分
by sinanohamahoroba | 2013-06-11 10:28 | 小舎のガーデンフラワー | Comments(0)
f0282055_1792443.jpg


まずはゲラニウム(フウロの仲間)が一斉に開花し始めました。デッキの前にはクロバナフウロ、可愛いピンクのピオコボ、青い大花のジョンソンズブルーです。パーゴラに絡んでるツキヌキニンドウも開花始めました。

f0282055_17133969.jpg


クレマチスも開花始めました。手前の白いのはオルレア・ホワイトレース、もう終わりころです。これは一年草ですがこぼれ種で来年は倍くらいになります。
奥にクレマチス モンタナ・スプーネリがアーチに絡んでいます。

バラも蕾が色づき初め開花直前です。

2013-6-8  信州・信濃追分
by sinanohamahoroba | 2013-06-10 17:18 | 小舎のガーデンフラワー | Comments(0)

さかき千曲川バラ公園

坂城町にあるさかき千曲川バラ公園のバラが満開とのテレビ番組をみて初めて行ってきました。
千曲川堤防に沿って2000株のバラだけの公園です。

しなの鉄道や水田に囲まれた広々した場所です。しなの鉄道の車窓からも満開のバラが見えることでしょう。
f0282055_18232979.jpg


沢山のバラに囲まれた中で目をひいたのは「アンジェラ」のトンネルです。

f0282055_18254964.jpg


もうひとつ目を引いたのは、バラ公園の前から千曲川に架かっている橋です。幅2m、5ナンバーの車がやっと通れるくらいの黄色い鉄橋です。
f0282055_19393892.jpg


名前は大望橋、スケールの小さい割に名前はでっかいですね。

ネットでアチコチ調べてみました。
昭和39年中学の通学用の歩行者用橋として千曲川の上だけ100mの橋として建設、途中で切れた橋は木の橋で河原に降りて河原を歩いて堤防に達するという途中で切れた橋だったそうです。木の部分は洪水で何回も流され2000年にやっと466mの橋として完成、しかし、幅はそのままなので通学時間帯は自動車通行禁止ということです。
大望橋という名前も中学生の通学用ということで分かりました。中学生よ大望を抱け!ですね

千曲川の橋は小諸にも興味ある橋がありますが、源流から調べたら面白いかもしれませんね。

2013-6-8 信州・坂城町
by sinanohamahoroba | 2013-06-09 18:25 | 東信エリア | Comments(0)

昭和橋

坂城町の国道18を走っているといつも気になっていた千曲川に架かる全部がコンクリートでできた橋です。
今回、狭いながら車が通れるので渡ってみました。

名前は昭和橋です。昭和初期に作られた様子がうかがえます。
f0282055_20393946.jpg


f0282055_20404095.jpg


昭和橋の正体はウィキペディアを引用させていただくと

*昭和橋(しょうわばし)は、長野県の千曲川に架かる橋。埴科郡坂城町坂城と、同町上五明とを結んでいる。
1937(昭和12)年に完成した鉄筋コンクリート構造を主にした道路橋である。土木学会により、中島武技師が設計した、長野県下で現存しているRCローゼ桁の中の戦前の5橋の一つとして[1]、平成14年度の選奨土木遺産に選ばれている。

私よりちょっと年上の昭和初期の土木遺産でした。

2013-6-8 信州・坂城町
by sinanohamahoroba | 2013-06-08 20:44 | 東信エリア | Comments(0)

サラリーマンを卒業、その後自営業を営み、それも息子に譲って大好きな信州とさいたま市を行ったり来たりの生活です。そんな生活を写真で綴ります。


by sinanohamahoroba
カレンダー