<   2013年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ヤマアジサイ達が咲きそろって(といっても今年は春先の凍害で花が例年の半分以下、頑張ったのは紅だけでした)色が変わり始めました。
7月末から、アナベルやミナズキなどが咲き始めました。
アナベルが緑から白に変わり大きく広がってきました。
f0282055_8301195.jpg

八重咲きのアナベルです。緑から白への変化が優雅です。
f0282055_8315426.jpg

「寒冷地でも咲きます」という話で購入した「エンドレスサマー」結局、新枝咲きにはならず、4年目に古い枝から花芽がでて咲いてくれました。咲き始めは真っ白ですが、やがて青く変化するようです。
f0282055_833641.jpg

青い刷毛で塗ったような青が魅力的です。
f0282055_8354842.jpg

ノリウツギ系の園芸種「ミナズキ」も寒さに強いです。咲き出したところですが、これから寒くなるに従ってピンクに変色します。ただし、この花はカナブンの好物なので、ピンクになる前に食べられてしまうことが多く困っています。
f0282055_8363130.jpg


2013-7-27 信州・信濃追分
by sinanohamahoroba | 2013-07-31 08:43 | 小舎のガーデンフラワー | Comments(2)

タヌキくん

夕食も終わって、高峯温泉の名物星の観察会も雲が多くてできずに高峰高原の風景と星をスライドで楽しんでいました。
窓下に現れたタヌキくん(さん?) 今の時期は、昆虫が好物のようで、温泉の灯によってくる蛾などが食料のようです。
小さな蛾ですから相当沢山食べないとお腹いっぱいにならないでしょうね。
f0282055_175857100.jpg


2013-7-26 撮す 信州・高峯温泉
by sinanohamahoroba | 2013-07-30 18:00 | 信濃追分の自然 | Comments(2)

高峰高原の小焼け

f0282055_12402046.jpg


高峯温泉からの日が沈んだ後の「小焼け」です。
今日は星の観察会は雲が多く、無理なようです。高峯温泉から池ノ平までの林道は沢山の花が咲いています。
吾亦紅とヤマブキショウマがシュルエットで浮かび上がっています。


2013-7-26 19時 信州・高峯温泉
by sinanohamahoroba | 2013-07-29 12:46 | 東信エリア | Comments(2)

大きな口

昨日はじっとしてあまり動かなかったホオジロの雛たち、
今日は、近づいたら親と間違えたらしくて、いきなり四つの大きな口が開きました。こっちがびっくりして、あわててカメラを取りに戻って、そっと近づいて親が帰ってきたようにゴソッと木を揺すると一匹の雛がだまされて大きな口を開きました。
あとは、木を揺すってもだまされません。逆にじっとかたまったようになっています。
本能というのはすごいものですね。

f0282055_16225553.jpg


もう一つ、困ったことが、今度は玄関のドアーの前にあるオニヒョウタンボクの木にヒヨドリが巣を作り始めました。 ドアーを開けると、否が応でも目が合ってしまいます。
ヒヨドリも慌てて逃げ出すのですが、今日埼玉へ戻りますからしばらくは良いのですが、子育てを始めたら、違う場所から出入りしなければいけなくなりそうです。

f0282055_1627417.jpg


2013-7-28 信州・信濃追分
by sinanohamahoroba | 2013-07-28 16:31 | 信濃追分の自然 | Comments(2)
高峯温泉の雲上の露天風呂でのんびりして、帰ってきたら「困った場所に巣を作った」ホオジロの雛がかえっていました。
孵ったばかりのようでふわふわの産毛に覆われて四羽が一つにくっついているようです。

f0282055_1428253.jpg

by sinanohamahoroba | 2013-07-27 14:29 | 信濃追分の自然 | Comments(2)

山あじさい・紅

二週間前に真っ白い花として咲いたヤマアジサイの「紅」
名前通り深紅の花に変わっています

f0282055_1321655.jpg


2013-7-26
by sinanohamahoroba | 2013-07-26 13:02 | 小舎のガーデンフラワー | Comments(4)

夏雲

夏の浅間はなかなかくっきりとその姿を見せません。
レタス畑からしばらくぶりにすっきりとした浅間と夏雲が見えました。

f0282055_8404522.jpg


今年のレタス畑は珍しくサニーレタスなので、いつもの色と違って派手ですね。

f0282055_842589.jpg


2013-7-22 撮す 信州・信濃追分
by sinanohamahoroba | 2013-07-25 08:43 | 信濃追分の自然 | Comments(2)

八島湿原

車山から八島湿原に向かいます。土曜日というのに駐車場待ちの車はわずか数台、すぐに入れました。
湿原一週すると沢山の高山植物たちに会えるのですが、歩けないので、湿原の入り口から眺めて戻って来ました。
湿原の入り口の花達です。

ノアザミに沢山のウラギンヒョウモンが吸蜜に来ています。

f0282055_13493938.jpg


夏の高原のシンボルはなんと言ってもシシウドの大きな花です。

f0282055_1352046.jpg


カラマツソウとノリウツギが満開になっています。

f0282055_13531084.jpg


2013-7-20 撮す  信州・霧ヶ峰八島湿原
by sinanohamahoroba | 2013-07-24 13:55 | 中信エリア | Comments(2)

車山へ

奥さんは階段歩きは無理、私はやっとこの前に少し歩ける程度になったばかりです。
歩かなくても山の頂上まで運んでくれる霧ヶ峰、車山に行ってきました。
ちょうどニッコウキスゲの満開の頃です。相変わらず、霧ヶ峰スキー場方面からの道は駐車場待ちの車で大渋滞です。車山リフトの駐車場からリフトでてっぺんまで往復1500円で連れて行ってくれます。
リフトから見る斜面はニッコウキスゲで黄色に染まっています。元気な人はリフトは行きだけで帰りは歩くことをおすすめします。ニッコウキスゲの陰で可愛い高山植物たちが沢山咲いています。

f0282055_16212100.jpg


山頂には巨大な気象レーダー、このおかげで正確な天気予報を提供してくれています。

山頂からの北アルプス槍穂です。手前右下に八島湿原が見えます。
f0282055_1642077.jpg


リフトの乗り換え地点からニッコウキスゲの群落が始まります。ここから頂上まで歩くとお花畑がたっぷり楽しめます。

ニッコウキスゲの群落は二重の囲いに囲まれています。一つは人が入らないように、もう一つは鹿が入らないようにです。
写真を撮るときにどうしてもこの囲いが写真の中に入ってきてしまいます。

ニッコウキスゲの群落越しの浅間連峰です。囲いが目障りです。
f0282055_16113159.jpg


そこでちょっと囲いを消して見ました。 ずいぶん違うのがおわかりいただけますでしょうか。

f0282055_16144050.jpg


2013-7-20撮す  信州・車山高原
by sinanohamahoroba | 2013-07-23 16:17 | 中信エリア | Comments(4)

夕すげ

初めての夕すげが咲きました。闇が濃くなる中で目立つレモンイエローで自己主張をしている色です。

夕方、5時くらいから開いてきます。 開き初めの香りが強く、たった一輪でも庭中に甘い香りが漂ってきます。

朝まで開いて昼前にはすっかりしぼんでしまいます。これは朝7時ころの開ききった写真です。香りはほとんど無くなっています。

夕すげは軽井沢の草原の中で沢山咲いていたそうです。 その頃の草原は甘い香りに満ちていたのでしょう。

夕すげには美智子妃の歌があります。

 かの町の 野にもとめ見し 夕すげの 月の色して 咲きいたりしが  美智子妃

天皇、皇后両陛下は、吹上御所で夕すげを育てられ、その種を昭和55年から度々軽井沢町に贈られ、最近では毎年、町民に配られています。

f0282055_22204348.jpg


2013-7-20 撮す 信州・信濃追分
by sinanohamahoroba | 2013-07-22 22:27 | 小舎のガーデンフラワー | Comments(2)

サラリーマンを卒業、その後自営業を営み、それも息子に譲って大好きな信州とさいたま市を行ったり来たりの生活です。そんな生活を写真で綴ります。


by sinanohamahoroba