<   2016年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

さいたまの梅ももう終わりに近づいています。
これから次々に花が咲き出して見沼田んぼが一年で一番美しい季節を迎えます。

私と言えば、信濃追分から帰ってきて、2年ぶりに風邪をひいてしまいました。人混み嫌いですし、インフルエンザの予防注射はきちんとしてますので滅多に風邪などひかないのですが、ここ二日間寝ています。

先日の散歩で梅が終わりに向かい、桃の花や河津桜の花、紅マンサクの花がほころび始めていました。
多くの方が「梅に鶯」と間違える「梅にメジロ」です。私はまだ梅に鶯は見たことがありません。

f0282055_1120462.jpg


もうひとつ、梅の花に拍手しているルリビタキのメスです。

f0282055_11212579.jpg



2016-2-21撮す さいたま市


いつも訪問いただきありがとうございます。人気ブログランキングに参加しています。下のバナーのクリックでご協力お願いいたします。



長野県 ブログランキングへ
by sinanohamahoroba | 2016-02-24 11:24 | さいたま市の風景 | Comments(5)

春になると鳥たちの恋の季節が始まります。
エナガは蛾の繭や蜘蛛の糸で袋のような立派な巣を作ります。
巣は常緑樹の繁みの中に上手に隠されていますのでなかなか目につきません。

公園の林の中ではエナガの蜘蛛の糸集めが始まりました。
蓑虫の糸を探り出しました。この糸は凄く丈夫です。

f0282055_22164770.jpg


なかなか切れません。

f0282055_22191836.jpg


イナバウアーみたいに反り返って長く引っ張り出しました。

f0282055_22201321.jpg



さあ、一目散に巣作りの木に向かっていきます。

f0282055_22225990.jpg



2016-2-21撮す  さいたま市
by sinanohamahoroba | 2016-02-22 22:23 | さいたま市の風景 | Comments(2)
甲斐大泉から八ヶ岳高原の別荘地の中を走ります。

甲斐小泉駅 二面二線 山梨県北杜市 標高1044m 無人駅
待合室の駅名は小海線で唯一ローマ字表記です。夏の高原を歩くお嬢さんに合わせたのでしょうか。

f0282055_12442292.jpg
 

駅の周りはもう別荘地、駅からは八ヶ岳がすぐ目の前です。三ツ頭と権現岳でしょうか?

f0282055_12455288.jpg


駅を出るとすぐ目の前に富士山がどんと控えています。今日はちょっと雲が多いようです。

f0282055_12465723.jpg



上り列車がやってきました。お客さんは一人のようです。

f0282055_12493962.jpg



甲斐小泉駅から小淵沢に向かって下っていきます。このあたりの風景は南アルプスの甲斐駒ヶ岳や鳳凰三山がすぐ近くに望まれ、八ヶ岳、奥秩父、富士山と名だたる山々が望まれます。
この風景に惚れて友人が数年前に移住しました。鉄道ファンでもある彼は小海線のすぐそばに住まいを定めました。彼の自宅からのキハE200です。後には甲斐駒ヶ岳が控えています。

f0282055_12545968.jpg



八ヶ岳山麓をぐるりと回るように走っていた線路は大きく180度近く向きを変えて中央本線に合流するように走ります。ここが撮り鉄さんの聖地 大曲の築堤です。
バックに甲斐駒ヶ岳を従えて走る姿はどんな季節でも絵になります。

E200ハイブリット車両が小淵沢に向かって降りてきました。

f0282055_12594223.jpg


しばらくすると折り返し小諸行きとなって登ってきました。小淵沢野辺山17Kmの間に標高差約500mを登らなければいけません。

f0282055_1314255.jpg


何のためにこのように180度近く向きを変える線路を引いたのか、当時の資料からは確たる話はないようです。当初は富士見駅を始発駅にする予定だとか、直接行くと傾斜が急すぎだとか、途中に大きな石があって当時の技術だと乗り越えられなかったとかいろいろありますが、この大曲の景色があって多くの鉄道ファンが喜んでいるので良しとしましょう。

小淵沢に到着です。小諸から2時間20分です。正式には小淵沢が始発駅です。

f0282055_1381667.jpg


小淵沢駅に入ると懐かしい駅そばがありました。有名な生野菜とカツの駅弁も健在です。早速そばを注文、お腹を満たしました。

f0282055_1310192.jpg


小海線は昼の時間帯は2時間に一本の割合です。夏の観光シーズンには小淵沢野辺山間に4本の臨時列車が走り1時間に1本の割合になります。

小海線全通80周年記念塗装された、八ヶ岳高原号臨時列車です。

f0282055_1314755.jpg



これで小海線の旅も終わりです。車窓にはいつも山々の姿がありました。富士山、南アルプス、八ヶ岳、奥秩父、浅間連峰、蓼科山、遠く北アルプスが望めます。
そして日本一の大河千曲川(信濃川)の源流に向かって走りました。
ぜひ、一度お乗りになってお楽しみいただければと思います。

いつも訪問いただきありがとうございます。人気ブログランキングに参加しています。下のバナーのクリックでご協力お願いいたします。



長野県 ブログランキングへ
by sinanohamahoroba | 2016-02-21 07:39 | 鉄道 | Comments(2)
小諸駅を出発して60キロ、小海線は山梨県に入ります。

ここで、ちょっと戻って信州・川上村御所平を走る小海線です。
千曲川の谷から標高差200mを上がってきて八ヶ岳南麓の高原を走ります。
ここからは、八ヶ岳だけで無く秩父の山々も望むことが出来ます。
このあたりは白樺林も残っており、一面の高原野菜畑の中を走って来ます。
旧国鉄急行色に塗られた車両が入ってきました。

f0282055_22122026.jpg


f0282055_22145178.jpg


野辺山駅を過ぎるとすぐに、JR最高地点1375mの場所を過ぎます。

f0282055_22163861.jpg


車窓からも野辺山宇宙電波観測所の巨大なアンテナが望めます。
アンテナの上に見える山は奥秩父の主峰金峯山です。

f0282055_22275661.jpg


清里駅につきます。
清里駅、2面2線 山梨県北杜市 標高1275mはJR第二の標高が高い駅です。
駅前にはSL C56型が静態保存されている。これは「高原のポニー」として有名になったが小形で牽引力も弱いため小淵沢から野辺山までの急勾配33‰を登るのは過酷で、「歩く速度くらい」と言われていました。
バブル時代にアンノン族の清里ブームが起こり、若い女性を中心に大変な賑わいが起こりました。

ちなみに、私の新婚旅行は51年前、高原のポニーに乗って清里の清泉寮に泊まったのがスタートでした。
と思ったのですが、よく考えたらSLに乗ったのは高校時代の山登りが最後のようです。新婚旅行は気動車になっていたようです。
f0282055_22323178.jpg


清里から八ヶ岳南麓の別荘地の中を走ります。

甲斐大泉駅 二面二線 山梨県北杜市委託駅 標高 1158m
駅近くの陸橋からの写真です。ここからは富士山がビックリするほど近くに見えます。

f0282055_2256149.jpg


f0282055_22583475.jpg



いつも訪問いただきありがとうございます。人気ブログランキングに参加しています。下のバナーのクリックでご協力お願いいたします。



長野県 ブログランキングへ
by sinanohamahoroba | 2016-02-19 22:59 | 鉄道 | Comments(0)
f0282055_11425560.jpg



雪の中からまず始めに春の到来を告げるのがネコヤナギです。
昨年、暖かいので冬芽を脱ぎだした花もあり心配しましたが、大丈夫でした。
しっかり二桁の氷点下や雨氷にも耐えてフワフワの毛を出して来ました。

2016-2-16撮す  信州・信濃追分

いつも訪問いただきありがとうございます。人気ブログランキングに参加しています。下のバナーのクリックでご協力お願いいたします。



長野県 ブログランキングへ
by sinanohamahoroba | 2016-02-18 11:47 | 小舎のガーデンフラワー | Comments(0)

小舎に来る鳥たち(3)

雪で地面が覆われて鳥たちは餌探しに苦労しているようです。
小舎について庭に出るとシジュウカラがツツピーツツピーと餌の催促です。冬の間シジュウカラはいろいろな種類の鳥たちと一緒にやってきます。

ヤマガラ・・人になれて近くによっても逃げません

f0282055_21251015.jpg



コガラ・・黒いベレー帽が可愛いです

f0282055_21261917.jpg


ゴジュウカラ・・すばしこくてなかなか写真を撮らせてくれません。珍しく、シャクナゲの根元に潜り込んで岩の苔を剥がして虫を探しているようです。

f0282055_21275326.jpg



しばらくするとイカルの群れがやってきました。カラ類を追い出して餌場を10羽くらいの群れが占領します。強そうな嘴でひまわりの種をバリバリ食べています。

f0282055_21303855.jpg



2016-2-12撮す 信州・信濃追分

いつも訪問いただきありがとうございます。人気ブログランキングに参加しています。下のバナーのクリックでご協力お願いいたします。



長野県 ブログランキングへ
by sinanohamahoroba | 2016-02-17 21:31 | 小舎に来る鳥たち | Comments(0)

夕景御牧ヶ原

御牧ヶ原の上に大きな空が広がっていました。

f0282055_20511112.jpg



2016ー2-16  信州・東御市

いつも訪問いただきありがとうございます。人気ブログランキングに参加しています。下のバナーのクリックでご協力お願いいたします。

長野県 ブログランキングへ
by sinanohamahoroba | 2016-02-16 20:38 | 東信エリア | Comments(0)

夏の記憶

30センチの雪に埋もれている時の庭です。
さすがに寒さと大雪で白一色になってしまいました。
その中でヤマアジサイの花殻だけが風に揺れています。装飾花もまだついています。
この一角だけが夏の記憶をとどめています。

f0282055_10595239.jpg



2016ー2-12撮す  信州・信濃追分



いつも訪問いただきありがとうございます。人気ブログランキングに参加しています。下のバナーのクリックでご協力お願いいたします。

長野県 ブログランキングへ
by sinanohamahoroba | 2016-02-15 10:52 | 小舎のガーデンフラワー | Comments(0)

雨の朝

今日は雨の暖かい朝です。
積もった雪から春の朝のような霧がただよっています。

f0282055_15354221.jpg



霧は低いところにたまり雲海のようになりますがすぐに消えていきます。

f0282055_15354773.jpg


ほんの一時のドラマでした。

f0282055_15355051.jpg



レタス畑からみた発地方面は霧の中です。

2016ー2-13  信州・信濃追分



いつも訪問いただきありがとうございます。人気ブログランキングに参加しています。下のバナーのクリックでご協力お願いいたします。

長野県 ブログランキングへ



by sinanohamahoroba | 2016-02-14 15:24 | 信濃追分の自然 | Comments(0)

リスがやってきました

秋からリスは見なかったのですが、この雪ですっかり食べ物が無くなったようで小鳥たちを追い払ってヒマワリの種を独占しています。
寒い時期なのにしっぽの毛がとても薄いことが気になりました。
それまで餌台を占領していたイカルの群れが恨めしそうに後ろの雪のでウロウロしています。


f0282055_191999.jpg


2016ー2-13  信州・信濃追分

いつも訪問いただきありがとうございます。人気ブログランキングに参加しています。下のバナーのクリックでご協力お願いいたします。

長野県 ブログランキングへ



by sinanohamahoroba | 2016-02-13 17:56 | 信濃追分の生活 | Comments(0)

サラリーマンを卒業、その後自営業を営み、それも息子に譲って大好きな信州とさいたま市を行ったり来たりの生活です。そんな生活を写真で綴ります。


by sinanohamahoroba