果実の季節

毎年、プルーンの季節になると買いに行く、プルーン農家へ出かけました。
刎ねだしのサンプルーンが2キロで400円です。

f0282055_1361221.jpg


これだけあると、ジャム作りが大変です。皆さんに配らなければ食べきれません。

もう一つの色の濃い、やや大きめの種類は赤ワインで煮ます。

農家のお母さん「これはお土産だ」と立派なアケビをサービスしてくれました。

f0282055_13101637.jpg


アケビの皮は天ぷらにして食べます。

佐久市のプルーン生産量は全国の20%を超えています。サンプルーンは佐久が発祥の地だそうです。

果物の摂取量を制限されている私としては、何となく恨めしい収穫の季節です。

2013-9-22 信州・佐久市
# by sinanohamahoroba | 2013-09-22 13:16 | 信濃追分の生活 | Comments(2)

収穫の季節

黄金色の稲穂がたわわに実り、稲刈りも始まりました。
美味しい新米が食べられるのも間近ですね。

サンライン沿いの小諸市菱平です。ここの棚田は機械が入るように整備が進みひな壇のようにきちんとしています。浅間の縦縞が美しく見える場所です。

f0282055_2058888.jpg


サンラインを上田まで走ると、日本棚田百選のひとつ「稻倉棚田」があります。
ここは、地元で棚田の保存運動がキチンとされ棚田オーナー制度などが進んでいるところです。

f0282055_2132810.jpg


かかしたちが並んでいます。

2013-9-20 信州・小諸市、上田市
# by sinanohamahoroba | 2013-09-21 20:58 | 東信エリア | Comments(2)

夕暮れのコスモス

夕暮れの内山牧場は誰もいませんでした。

例年、9月中旬からコスモス牧場は沢山の花と人で賑わいますが、今年のコスモスは惨めな姿を見せています。
夏の異常な暑さと乾燥、雑草の繁茂、そして連作障害もあるのでしょうか。
黒姫高原にも勝るとも劣らなかったあの美しいコスモス牧場をぜひ復活させてほしい。

f0282055_23141784.jpg


2013-9-20 信州・佐久市内山牧場
# by sinanohamahoroba | 2013-09-20 23:15 | 東信エリア | Comments(2)

夕陽

f0282055_22572363.jpg


新都心の高層ビルに沈む夕陽もいつのまにか故郷の風景になっている。

2013-9-18 さいたま市
# by sinanohamahoroba | 2013-09-18 23:03 | さいたま市の風景 | Comments(4)

彼岸花が咲き出しました

昨日は家の周りの飛びそうなものを片付け、雨戸を閉めてヤドカリのように家でじっとしていました。

浸水した場所の方、風の被害を受けたかた、大変ですね、お見舞い申し上げます。

今日は文字通りの台風一過、さわやかな風にしばらくぶりに近くの自然公園を歩いてきました。
そんなに風は強くなかったのですが、道には小枝とドングリがいっぱい落ちています。さいたまでは栗拾いという訳にはいきません。

用水の土手ではそろそろ彼岸花が咲き出しました。稲刈りの季節です。今日は調子に乗って8000歩も歩いてしまいました。

f0282055_1656319.jpg


2013-9-17 さいたま市・見沼自然公園
# by sinanohamahoroba | 2013-09-17 16:57 | さいたま市の風景 | Comments(0)

サラリーマンを卒業、その後自営業を営み、それも息子に譲って大好きな信州とさいたま市を行ったり来たりの生活です。そんな生活を写真で綴ります。


by sinanohamahoroba