三岡駅、美里駅・小海線を楽しむ(3)

乙女駅でしなの鉄道と別れて小海線は小諸市の桃の里に入っていきます。
このあたりは信濃川から少し離れた台地で果樹の栽培に適した場所で、桃やプルーンの栽培が盛んです。
春は桃の花の中を走る場所もあります。

三岡駅・二面二線の無人駅

(二面二線というのはホームが二つあって線路も二線ということです。二線と言うことは単線では車両の交換が可能の駅ということです)
三岡駅は佐久鉄道が駅を作る際、線路の片方が賛成、反対側が反対と分かれたため、賛成の集落が資金も負担したため反対の集落に使わせなかったという話を聞いています。
そのため、駅に入らせないように土盛りをして塞いでしまったとのことです。

その痕跡が桜の木になって残っています。
桜の季節この駅は華やかな雰囲気になります。

f0282055_8533359.jpg


f0282055_8534930.jpg


4月 桜吹雪の中を走ります。(そんなに多くはありませんが)

f0282055_8545370.jpg


三岡駅を出ると旧国道141号線に沿って走ります。右側は桃畑です。

f0282055_856822.jpg


美里駅 一面一線無人駅

ここまでが小諸市です。美里駅は佐久鉄道から国鉄に移管されてからの駅で、駅前広場、利用者の駐車場など無人駅としては綺麗に整備されています。
私が、写真を撮っていると小諸市と書いた車が入ってきて、駅の掃除や整理をして居ました。

f0282055_9134519.jpg


待合室は木の小舎です。信州カラマツの材料で作ったことが書かれています。

f0282055_9151941.jpg



丁度、E200系小淵沢行きがやってきました。乗客は一人

f0282055_9175762.jpg


列車は佐久市に入って住宅と田んぼの中を走ります。

f0282055_9191743.jpg


長野県ブログランキングに参加しました。
下のバナーをポチッとお願いします。



長野県 ブログランキングへ
Commented by waku2-tuduri at 2015-10-14 00:44
こんばんわ~
三岡駅、賛成派と反対派と・・そうだったんですか?
その名残が桜並木に。。 反対したのはあっちなのですね^^
今はあっちの方が発展していますね・笑
Commented by sinanohamahoroba at 2015-10-14 14:37
そうなんです。その歴史が桜の土手として皆さんが楽しんでいるのですね。歴史とは皮肉なものですね。
by sinanohamahoroba | 2015-10-09 09:19 | 鉄道 | Comments(2)

サラリーマンを卒業、その後自営業を営み、それも息子に譲って大好きな信州とさいたま市を行ったり来たりの生活です。そんな生活を写真で綴ります。


by sinanohamahoroba
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30