岩村田駅・北中込駅 …小海線を楽しむ(5)

岩村田駅…ホーム二面二線 委託営業駅

岩村田は中仙道と甲州街道の交差点、岩村田藩があった場所です。
新幹線の駅に近く佐久市の中心になっています。

立派な駅舎です。
f0282055_18190410.jpg


佐久平の駅方面を覗くと佐久平駅に停車中の列車が見られます。
新幹線を跨ぐ階上ホームから岩村田駅まで900mしかありません。
エンジンをかけなくても坂道を下って到着しそうです。

f0282055_18191081.jpg


かつては小海線のなかで中心的な駅でしたが、今では退避線や留置線の線路も錆びたり、はずされてたりしています。

f0282055_18191588.jpg


退避線のレールははずされて、子供たちは交換のため停車中の列車に興味を持っているようです。

f0282055_18191903.jpg



北中込駅…一面一線 無人駅

駅の正面は公園と桜です。
今は桜の紅葉がきれいです。

f0282055_18192560.jpg



ホームの端に桜の落ち葉を掃いているかたが見えます。

f0282055_18193481.jpg



ホームの反対側はスーパーツルヤの壁が続いてちょっと残念です。
ここは桜の時期に是非見にきたいところです。


長野県ブログランキングに参加しました。
バナーをポチッとお願いします。



長野県 ブログランキングへ






Commented by koechel581 at 2015-11-01 22:37
各駅停車での小海線の旅、楽しいですね。いずれ貴重な記録になるのでは?

ところで、ヘンゼルさんならご存知だろうと、鉄道がらみで質問があります。
妻が昭和30年代に軽井沢に来たとき、SLで来たと言い張ります。信越線はとっくの昔に電化されているはずなので「それは記憶違いだろう」と言っても、「目にススが入って大きく腫れたのでよく覚えている」と譲りません。
電車とSLの両方が走っていたのでしょうか?
Commented by sinanohamahoroba at 2015-11-02 08:44
おはようございます。
私も始めて浅間山に登った中学生の時はSLだった記憶があります。
横川ー軽井沢間だけが電化されアプト式に変更になる作業を見に行った記憶もあります。
調べて見ると高崎ー横川間の電化は昭和36年、軽井沢ー長野間の電化は昭和37年、アプト式が廃止されたのも昭和37年のようです。
奥さまのお年は?ですが幼いときにSLだったことは充分あり得ることだと思います。

このシリーズも先に行くにしたがって大変になって来そうです。
Commented by koechel581 at 2015-11-02 21:18
ありがとうございました。
電化が早かったのは、横川ー軽井沢間だったんですね。
妻のこの話は昭和34~35年頃だとのことです。賭けしなくてよかったぁ(笑)。
妻の歳は……ムニャムニャ……当時小学校1~2年でした。
by sinanohamahoroba | 2015-11-01 17:39 | 鉄道 | Comments(3)

サラリーマンを卒業、その後自営業を営み、それも息子に譲って大好きな信州とさいたま市を行ったり来たりの生活です。そんな生活を写真で綴ります。


by sinanohamahoroba
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30