太田部駅・龍岡城駅・・小海線を楽しむ(8)

中込の市街地を抜けると小海線は千曲川に接近し、車窓から千曲川が眺められます。

f0282055_1721688.jpg


太田部駅近くからしばらく線路は佐久平の穀倉地帯の中を走ります。
このあたりから見る佐久平は広大であることが実感できます。

f0282055_1725221.jpg


太田部駅・1面1線。無人駅ホームは2両分しかなく3両列車では1両のドアが開きません。
真新しいかわいらしい待合室があります。

f0282055_17282812.jpg


列車がやってきました。太田部駅の一日平均乗客は22名、貴重なお客さんです。

f0282055_17292669.jpg


このあたりは一面の米作地帯で相当昔から豊かな土地であったことがわかります。

龍岡城駅に向かって小海線全通80年記念の58型急行色気動車が走ります。

f0282055_17481395.jpg


小海線は田んぼの中をしばらくの間まっすぐに走ります。

f0282055_1749347.jpg


龍岡城駅・1面1線無人駅 ここも2両分のホームです。

f0282055_1750211.jpg


龍岡城は龍岡藩1万2千石の陣屋として函館五稜郭に模して日本で二つ目の五芒星形西洋式城郭でしたが完成(1867年)からわずか5年で明治の廃城命令で切り売りされる運命でした。石垣とお堀は桜の名所として残っています。(五稜郭としてはごく小形)

f0282055_17575673.jpg


いつも訪問いただきありがとうございます。人気ブログランキングに参加しています。下のバナーのクリックでご協力お願いいたします。



長野県 ブログランキングへ
Commented by koechel581 at 2015-11-27 21:42
1枚目の写真、缶ビールとイカクンの旅……ではさすがにないんですね(笑)。
Commented by sinanohamahoroba at 2015-11-27 22:32
こんばんは
正しいローカル線の旅作法ではやはり缶ビールとイカクンがお供でしょうが、残念ながら私は缶ビール半分も飲むと小淵沢まで意識不明になってしまいます。
飯田線では友人が缶ビール一缶だけしか買わずに途中で大騒ぎ、運転手(ワンマンなので車掌が居ない)にビール買える駅はないかと聞いていました。無理な質問ですよね。
Commented by ドイツ村の住人 at 2015-11-28 15:42 x
小海線の旅 楽しく拝見していました。充実した汽車の旅よかったです。
私たちは、来軽の際は、野辺山より小海線にそってR141できます。ローカルでとてもいい線ですよね。
いつも車なので、なかなか乗る機会がありませんが 乗ってみたくなりました。
ところで、我が小屋の先の林も開発され、その内売りに出るようです。
静かで、自然の林、森がなくなり・・・・静かな追分であってほしいものですが・・・・。
Commented by sinanohamahoroba at 2015-11-29 20:20
ドイツ村の住人さんお久しぶりです。
近頃すっかり鉄ちゃんになっています。
花が終わり雪の季節までの間は色が寂しい時間です。
その間に小海線の旅を小淵沢まで終らせたいと思っています。
小海線や大糸線、飯山線の眺めは車では見られない場所を通るので、ローカル線の旅は楽しいです。
それにしても追分の開発ぶりは急ピッチですね。散歩の場所が狭くなってきました。

by sinanohamahoroba | 2015-11-27 08:17 | 鉄道 | Comments(4)

サラリーマンを卒業、その後自営業を営み、それも息子に譲って大好きな信州とさいたま市を行ったり来たりの生活です。そんな生活を写真で綴ります。


by sinanohamahoroba
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30