姫路城を見に行ってきました


元勤務先の同期会が関西で行われ、姫路城を見に行ってきました。
世界文化遺産として日本最初に指定された姫路城は、平成の大修理が完了して、美しい姿を青空に聳えさせていました。
姫路の駅を下りると広い道路がまっすぐに城に向かっています。近づくにつれてますます高く聳えています。

f0282055_14422699.jpg

いくつかの城跡を見てきましたが、美しい姿に感激したのは、熊本城(地震前の)松本城、姫路城です。(熊本城天守は再建されたものですが)

f0282055_14421617.jpg
約450年前の建築がそのまま残っているだけでも貴重ですが、その美しさです。

これは450年前に作られた土壁(油壁)、山土と豆砂利を餅米のとぎ汁やおかゆで固めた塀で450年間そのままで補修していないそうです。

f0282055_14423606.jpg

天守に上がる階段の脇には雨水を流す水路が欠けた瓦を丹念に並べて固めてあります。

f0282055_14421644.jpg

宿は明石大橋の近くの宿、食事は元貿易で財をなした豪商の館のレストランでと楽しんで来ました。
関西をほとんど知らない私は初めての姫路と神戸を楽しんで来ました。

2017-10-6 姫路、神戸

いつも訪問いただきありがとうございます。人気ブログランキングに参加しています。下のバナーのクリックでご協力お願いいたします。
長野県 ブログランキングへ
Commented by ann at 2017-10-07 09:18 x
こんにちはいつも見せていただいています

遠く姫路まで足を運んでいただきありがとうございます
平成の大修理を終えて真っ白になってた白鷺城ですが漆喰の白さが薄れて自然な感じになってきました
天守まで登られましたか?ところどころ頭をぶつけそうな狭い梯子段のような階段があったでしょう?

地元の人間として嬉しい記事でしたキレイに撮っていただいてありがとうございます
Commented by ヘンゼル at 2017-10-07 10:52 x
annさん おはようございます。見ていただいて有り難うございます。
姫路城は思っていたよりとてもきれいでした。修理が終わった直後の写真を見て、白粉を塗りたくったようなイメージでしたが、3年経って落ち着いた良い色になりましたね。
数少ない天守がそのまま残った城跡で信州は松本城が黒、姫路城が白、両方を見ることが出来て良かったです。私の祖父は熊本藩の出身ですので熊本城が早く元の姿に戻ることを願っています。
姫路城は屋根の流れが素晴らしいと感じました。足腰が痛い私は杖をつきながらも、天守までなんとか登ることが出来ました。(背が低いので頭はぶつけませんでした)
天守から家島などのしまなみがきれいに見えました。
ボランティアガイドさんに案内を頼みましたが、たっぷり2時間大きな声で一生懸命案内をしていただいて、ほんとに姫路城を愛しているのだな!と感じました。

姫路と信州は遠いですが、今後とも信州の風景を楽しんでいただければ幸いです。 有り難うございます。
Commented by waku2-tuduri at 2017-10-07 14:08
こんにちは^^
姫路城はバランスの取れたお城らしいお城、キレイなお城で好きです。松本城もです。漆喰が馴染んできましたか? あまりにもきれいすぎましたものね。笑
それにしてもお留守だったんですねぇ(T-T)
Commented by ayako at 2017-10-07 15:32 x
こんにちわは、姫路城風雪に耐えてなお美しいですね。命をかけて良い仕事だけをひたすら頑張られた先人の方々の功績ですね、今の世に残す方々にも感謝ですね。いながらにして良い映像ありがとう御座います。明日から八ヶ岳にゆくつもりです。
Commented by ヘンゼル at 2017-10-07 21:36 x
吾亦紅さん こんばんは
はい、西の方に行っていました。西の方はあまり好きでない私は京都から西は九州しか行ったことがありませんでした。
松本城は四季に行っていますが、堀に浮かんでいる姿はきれいですね。やはり両方とも名城であることは間違いないです。
明日からしばらく信州の紅葉を楽しみに行きます。
Commented by ヘンゼル at 2017-10-07 22:05 x
ayako さん こんばんは
450年前の木造建築が残っているのは、災害の多い日本では奇跡に近いことだと良く分かりました。
帰りの新幹線から富士山を見られましたが、雪のない富士山はちょっと寂しいですね。
私も明日から軽井沢へ行きます。八ヶ岳も紅葉が大分進んでいるでしょう。
by sinanohamahoroba | 2017-10-06 15:02 | その他の旅 | Comments(6)

サラリーマンを卒業、その後自営業を営み、それも息子に譲って大好きな信州とさいたま市を行ったり来たりの生活です。そんな生活を写真で綴ります。


by sinanohamahoroba
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31