2017年 庭の花たち総集編(2)

4月中旬から、庭は一気にカラフルになります。
まだ、木々の緑は出始めで緑は弱々しいですが、花たちは太陽を一杯に浴びています。

庭造りを初めて7年経ちましたが、凍結に強い植物が生き残って弱いものとの差がはっきり付いてきました。
球根は夏に掘り上げる必要の無いものが残りました。
原種チューリップたちです。
f0282055_14492208.jpg
f0282055_14492164.jpg

スイセンも植えっぱなしで増えていきます。

f0282055_14492428.jpg

寒さに滅法強いプルモナリア、軽井沢の庭におすすめです。

f0282055_14495039.jpg

ニリンソウはもう少し水辺の方が良いようで夏がかわいそうです。

f0282055_14492092.jpg
一人静も増えました。フタリシズカは沢山自生しています。

f0282055_14492114.jpg

キバナカタクリも手がかからずおすすめの球根です。

f0282055_14495141.jpg
自生していたカスミザクラは30年くらい経っているでしょう

f0282055_14495223.jpg

花芯が緑色の清楚な感じのミドリザクラ

f0282055_14492246.jpg

スモモも植えた記憶が無いのですが、10年越の木になりました。

f0282055_14495366.jpg

日陰にはヤブレガサと矢車草

f0282055_14495010.jpg


いつも訪問いただきありがとうございます。人気ブログランキングに参加しています。下のバナーのクリックでご協力お願いいたします。
長野県 ブログランキングへ
by sinanohamahoroba | 2017-12-29 15:07 | 小舎のガーデンフラワー | Comments(0)

サラリーマンを卒業、その後自営業を営み、それも息子に譲って大好きな信州とさいたま市を行ったり来たりの生活です。そんな生活を写真で綴ります。


by sinanohamahoroba
カレンダー