カテゴリ:東信エリア( 172 )

高原はもう秋

高峰湯の丸高原に吾亦紅の写真を撮りに出かけました。

奥さんの参加している俳句会が「吾亦紅」という名称なので公民館の展示会用のプレートを依頼されたものです。

高原は秋のキリンソウやキオンで黄色に染まり、私の好きなハナイカリの花が目につきます。

f0282055_09400803.jpg


f0282055_09403573.jpg

肝心の吾亦紅はもう盛を過ぎていて、鮮やかな赤の花が少なく苦労しました。



f0282055_09424316.jpg
2018-8-16 信州・高峰湯の丸高原


いつも訪問いただきありがとうございます。人気ブログランキングに参加しています。下のバナーのクリックでご協力お願いいたします。

by sinanohamahoroba | 2018-08-16 09:44 | 東信エリア | Comments(0)

長野牧場

真夏の長野牧場です。

今年はヒマワリは植えていないようです。

そばの芽が出てきました。蕎麦は成長が早いので9月には一面の花が楽しみです。

f0282055_17502436.jpg
2018-8-14 信州・佐久市


いつも訪問いただきありがとうございます。人気ブログランキングに参加しています。下のバナーのクリックでご協力お願いいたします。

by sinanohamahoroba | 2018-08-14 17:52 | 東信エリア | Comments(0)
御代田町にある旧メルシャン美術館は、御代田町が写真美術館として町おこしの目玉として再生することになったようです。

その第1回の催しとして11日から「浅間国際フォトフェスティバル」が開催されています。

今日、行ってきました。

あのきれいな蔦の絡まる建物などもそのまま残されています。

f0282055_16004492.jpg

展示は海外の写真家を含めて28名の写真家の作品が展示されています。


f0282055_16050283.jpg
f0282055_16053193.jpg
f0282055_16062549.jpg

f0282055_16070707.jpg

f0282055_16074270.jpg


実験的な作品や動画の新しい見せ方、絵画との融合など写真の新しい方向が展示されています。

また、50年前に写真界に衝撃を与えた森山大道の約160点未発表作品のスライドショーは同じ世代の私にとっては価値あるものでした。

入場無料、9月30日まで開催されています。出品作品の撮影も自由です。写真に興味がある方には一見の価値ありです。

将来、東京都写真美術館に並ぶような写真美術館になることを期待しています。

2018-8-12 信州・御代田町




いつも訪問いただきありがとうございます。人気ブログランキングに参加しています。下のバナーのクリックでご協力お願いいたします。

by sinanohamahoroba | 2018-08-12 16:26 | 東信エリア | Comments(0)

高峰高原の花

高峰高原に咲き出した花たちです。

お花畑というにはもう少し日にちが必要ですが、あと1週間くらいで草原は色とりどりになるでしょう。

ヤナギランは咲き始めです。
f0282055_20334773.jpg


ウスユキソウ

f0282055_20350716.jpg

タイムの仲間のイブキジャコウソウ


f0282055_20360963.jpg


カラマツソウは満開です。

f0282055_20384173.jpg

バイケイソウ


f0282055_20404080.jpg

林道の車窓からはカワラナデシコ、ハクサンオミナエシ、ハクサンフウロ、クガイソウなどが眺められました。

2018-7-18 信州・高峰湯の丸高原


いつも訪問いただきありがとうございます。人気ブログランキングに参加しています。下のバナーのクリックでご協力お願いいたします。

by sinanohamahoroba | 2018-07-18 20:50 | 東信エリア | Comments(0)
酷暑の日が続いて、軽井沢でも32度の予想なので、10時前に高峰高原に逃げ出しました。

さすが2000mは汗が出る温度ではありません。丁度ニッコウキスゲが満開です。

f0282055_21215792.jpg

高山植物たちも咲き出しました。


高原のシンボル、シシウドも開き始めました。咲き出した花たちに
蝶が群がっています。


f0282055_21250640.jpg
ハクサンフウロで吸蜜するコヒョウモン

f0282055_21241349.jpg


高原のシンボルのひとつのウラギンヒョウモン


f0282055_21242832.jpg

めずらしくスジボソヤマキチョウをよく見かけました。

f0282055_21244843.jpg
2018-7-17 信州・高峰湯の丸高原



いつも訪問いただきありがとうございます。人気ブログランキングに参加しています。下のバナーのクリックでご協力お願いいたします。

by sinanohamahoroba | 2018-07-17 22:04 | 東信エリア | Comments(2)

アジサイの小道・塩田平

塩田平の前山寺から地元の方が丹精込めたガクアジサイの小径があり、丁度満開です。

大雨の予報もあり人影はほとんどありません。

f0282055_19485160.jpg

f0282055_19490593.jpg

2018-7-4 撮す 信州・上田市



いつも訪問いただきありがとうございます。人気ブログランキングに参加しています。下のバナーのクリックでご協力お願いいたします。

by sinanohamahoroba | 2018-07-16 19:57 | 東信エリア | Comments(0)

生島足島神社

軽井沢追分写遊会の撮影会で写友の皆さんと上田市の塩田平を訪ねてきました。

まずは塩田平の中心に鎮座している生島足島神社です。

f0282055_09320849.jpg

池の中に島を作り本殿をそこに置くという、古代様式の神社でその古さが分かります。
ここへは幾たびか訪れていますが、今回改めて興味を持ったのは、県下最大と言われる農村歌舞伎舞台です。

f0282055_09320843.jpg
現在は残念ながら農村歌舞伎は演じられておらず、中は武田氏が信州を支配したときに地方の豪族から提出させた「起請文(何があっても裏切らないという誓約書)」83通が展示されています。戦国時代は、こんな起請文を出させられても、内通、裏切りで地方豪族は生き残っていくのですが・・

明治初期に作られたというこの舞台は奈落にも入れるようになっていて、回り舞台やせり上がりの装置がそのまま触れるようになっています。(照明がないので当時の雰囲気が感じられます)
回り舞台は4人で回したようです。
f0282055_09320897.jpg
せり上がり、セリ下がりの装置は二人で滑車仕掛けで操作したようです。

f0282055_09320816.jpg

ここで歌舞伎が演じられるのを期待しました。

2018-7-14 信州・上田市


いつも訪問いただきありがとうございます。人気ブログランキングに参加しています。下のバナーのクリックでご協力お願いいたします。
長野県 ブログランキングへ
by sinanohamahoroba | 2018-07-14 09:53 | 東信エリア | Comments(0)

ホタルブクロ

別所温泉の安楽寺には珍しい八角形の屋根を持つ三重の塔があります。

雨が降ってきて、雨宿りで木下に移動すると足下にホタルブクロがきれいに咲いています。

f0282055_16572061.jpg
2018-7-6 信州・上田市


いつも訪問いただきありがとうございます。人気ブログランキングに参加しています。下のバナーのクリックでご協力お願いいたします。

by sinanohamahoroba | 2018-07-06 17:05 | 東信エリア | Comments(0)

塩田平

上田市塩田平のアジサイが開花しているとのことで塩田平を訪ねて来ました。

f0282055_21132504.jpg

アジサイ小道は満開のガクアジサイで埋まっています。

独狐山の麓の塩田平は平安末期から鎌倉時代に建立されたお寺が沢山あります。


国の重要文化財の中禅寺薬師堂です。門にはあうん像が入る者を睨んでいます。

f0282055_21220586.jpg
中禅寺は独狐山を借景に枯山水の庭もあります。

f0282055_21225669.jpg

最後は別所温度、安楽寺と常楽寺です。

茅葺き屋根の常楽寺は楓の新緑が映えています。



f0282055_21281074.jpg
2018-7-3 信州・上田市




いつも訪問いただきありがとうございます。人気ブログランキングに参加しています。下のバナーのクリックでご協力お願いいたします。

by sinanohamahoroba | 2018-07-03 21:31 | 東信エリア | Comments(0)

元分教場

f0282055_22162193.jpg

夏の太陽が照りつけるなか、旧中山道の宿場をいくつか回ってきました。

中山道は追分から小田井、岩村田、塩名田、八幡、望月、芦田と続いていきますが、江戸時代の建物はほとんど残っておらず、明治大正の建物が僅かに残っているようです。
望月では資料館がありますが建物は一軒のみ残っているようです。資料館では中山道は江戸幕府が「中山道」という名称を定め、「中仙道」と書くのは誤りという御触書が出たのをしりました。

間の宿である茂田井は比較的古い建物が残っており、二軒の蔵元もあります。
今は集会所になっている元分教場らしい建物と火の見櫓、そして小さなグランドが印象的でした。
f0282055_22463295.jpg

旧中山道に面した古い建物です。間の宿は旅人宿は禁止されていましたので旅籠の建物はありません。多分明治末期の養蚕農家の建物でしょう。手前の広場は建物が建っていた痕跡があり石造りの流しが放置されています。
小田井から和田宿の間では茂田井集落が旧中山道の雰囲気が一番残っているようでした。

2018-6-30 信州・佐久市(ニコンF3、トライX、古い20㎜レンズで撮影)


いつも訪問いただきありがとうございます。人気ブログランキングに参加しています。下のバナーのクリックでご協力お願いいたします。
長野県 ブログランキングへ
by sinanohamahoroba | 2018-06-30 22:56 | 東信エリア | Comments(0)

サラリーマンを卒業、その後自営業を営み、それも息子に譲って大好きな信州とさいたま市を行ったり来たりの生活です。そんな生活を写真で綴ります。


by sinanohamahoroba